妊娠線のケアは予防が重要

妊娠線は妊娠中お腹が膨らみ始めた時期に肌にできる亀裂のことで急激にお腹が大きくなったことにより皮膚が伸びに耐えられなくなって出来てしまいます。

勿論個人差があり多くはお腹に出来ますが、人によっては手足、胸、お尻といった場所に妊娠線が出る場合があります。そして最初に断言したいのは妊娠線は出来てしまってから対策するより出来る前に予防するようにして下さい。

シミなどもそうですが一度出来てしまったモノをケアするのは改善までに時間がかかりますし、ケアした後にも薄く跡が残ってしまう場合もあります。そんなことにならない為に妊娠線が出来る前からしっかりと保湿ケアを行い予防することが重要です。

もう一つ妊娠線が出来る原因としては、妊娠中にはコルチコステロイドと呼ばれるステロイドホルモンの分泌量が増加し、このステロイドホルモンは肌の新陳代謝を低下する働きがあるからです。ちなみに妊娠線は妊娠5ヶ月くらいから出来る人が多いのですが、皮下脂肪の多い人、小柄な人、乾燥肌の人は妊娠線が出来やすいので早めに予防をしておくようにして下さい。

予防の為のケアは普通の美容クリームなどでもいいのですが、出来れば妊娠線予防専門のクリームを選ぶことをお勧めします。あと塗るタイミングとしては血行が良くなるお風呂上りに塗ると効果的です。お腹に塗るのは勿論として二の腕、バスト、お尻、太ももといった場所にもマッサージをする感じで全身にクリームを塗り込んでおくと安心です。

産後の肉割れを消すにはどうしたらいいの??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です