シワには保湿、たるみにはエクササイズ

目元の皮膚は薄いため、乾燥しやすく、たるみやすい部位です。
しかし目元のエイジングサインと一口に言っても、まぶた、目尻、目の下は原因が違います。

目尻にできるシワは、乾燥によって起こりますが、まぶたが痩せるのと、目の下にゴルゴ線ができるのは、主に目の周囲にある筋肉や靭帯などの衰えによって起こることです。
今まで、たるみも乾燥によるものだと重い、リッチなアイクリームを使っていました。
シワについては、目立たなくなるなどの効果はありましたが、たるみにはイマイチ効果が出ず、色々と試行錯誤をしていていました。

アイクリームジプシーをしている頃、たるみには表情筋を鍛えることが重要だと知りました。
そこでスキンケアと並行して、、表情筋エクササイズを意識して行うようになりました。

一番簡単なエクササイズはウインクです。
頬骨が動かないように、手で軽く押さえながら、左右交互にウインクをします。
顔が凝っていると、ウインクもスムーズにいきません。

しかし何度も続けるうちに、どんどん動きがなめらかになっていきます。
同じ目でも左右によって動き方が違うので、スムーズにいかない方が念入りに行います。

次に目をぎゅっと閉じて5秒キープし、その後ゆっくりと開けるという動作も行います。
この動作は蓄積した眼精疲労も取れるので一石二鳥です。

また目の酷使は視力だけでなく、美容にも良くないので、スマホの使い過ぎにも気をつけています。
目元のエイジングケアは、スキンケアでなんとかするものだと思いがちですが、日常生活の見直し、運動やマッサージなど、複合的に取り入れることが大切です。

アイクリームでおすすめはありますか?乾燥で悩んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です